外壁塗装の種類と耐用年数

各塗料のご紹介

ウレタン、シリコン、ピュアアクリル、フッ素、光触媒の5種類の塗料について小田原の外壁塗装業者「BEAT株式会社」がご説明します。
外壁塗装の塗料選びのご参考にしてください。

塗料事の耐久年数の目安

塗料事の耐久年数

ウレタン系塗料

やわらかく弾力性のある耐久性の高い塗料。
ひび割れなどが起きにくい点が特長です。
耐久年数は、シリコンやフッ素と比べると短くなりますが、アクリルよりも長持ちする、コストと品質のバランスのとれた塗料です。

耐久年数 5~7年
こんな方におすすめ ・価格を抑えたい方
・価格と質のバランスがとれた塗料をお求めの方
BEATからのポイント
値段は安いけれど、もちが悪いので、あまりオススメはしていません。
シリコン系塗料

耐久性に優れ、比較的長期間効果を維持できる塗料。しかも、費用はそれほど高額でなく、もっともコストパフォーマンスに優れています。また、防汚性が高く、塗装後の美しい姿を長期間維持できます。

耐久年数 7~10年
こんな方におすすめ ・長くきれいな状態を保ちたい方
・価格と質のバランスがとれた塗料をお求めの方
BEATからのポイント
一番リーズナブルで、それなりに長持ちします。費用対効果は高い塗料です。
ピュアアクリル系塗料

耐久性、防水性、遮熱性に優れた塗料です。コストパフォーマンスも抜群です。また、他の塗料に比べて高い伸縮性が有ります。その特性により、ひび割れを表面化させず、水の進入する隙間を作りません。

耐久年数 12~15年
こんな方におすすめ ・外壁にひびが入っている方
・ひび割れを抑えたい方
・外壁の防水が気になる方
BEATからのポイント
BEATが一番オススメをしている塗料。
防水性能は家を長持ちさせる基本です。
水は木を腐らせるので、防水効果がある塗料のほうがオススメできます。
フッ素系塗料

光触媒と並び、5つの塗料のなかでもっとも長い耐久年数を誇ります。ウレタン、シリコン、ピュアアクリルと比べ塗料の価格は高額になりますが、塗り替え回数が少なくて済むため、長期的にみるとオトクです。

耐久年数 15~20年
こんな方におすすめ ・長持ちさせたい方
・質の高い塗装をお求めの方
BEATからのポイント
高価ですが、持ち、ツヤ共に◎。基本的には高い材料を使えば使うほど、ツヤ、もち共に耐久性が上がっていきます。
光触媒

光触媒の一番の特長は、紫外線を当てることで、水が馴染むようになる点。水が塗膜に馴染むことで、汚れが付着した部分に水の分子が入りこみ、水で汚れが落ちるようなります。耐久性も高く、長く美観を維持することができます。

耐久年数 15~20年
こんな方におすすめ ・きれいな壁にしたい方
・長持ちさせたい方
・質の高い塗装をお求めの方
BEATからのポイント
ケースバイケースです。しっかりと水ハケが確保できるところでしたら、オススメ出来る素材です。水はけが確保できないと、オススメできません

お問合せ

プロタイムズ 小田原東店
  1. 電話番号
  2. お問合せ